プロミスの審査に今すぐ通るための審査基準!

プロミスの審査に今すぐ通るための審査基準!

プロミスの審査に通るために必要な条件はこれ!

プロミスの審査に通るためには下記の4つの条件をクリアすることが必要です。 1.安定した収入があること2.過去の返済履歴がキレイ3.限度額を低めに抑える4.20歳以上70歳未満であること 大変残念なことですが、未成年者やご高齢の方は、年齢制限で審査に通りません。 年齢制限以外の3つの条件は、割と簡単にクリアできます。収入に関しては、パートやアルバイトであっても、継続して安定した収入があれば、審査の条件を満たします。 また、過去にブラックリストに載ったことがなければ、返済履歴の条件もクリアできます。 限度額については、銀行や他の消費者金融等での借入額と合わせて、返済額が年収の1/3以下であれば、特に問題なく審査をクリアできる可能性が高いです。 上記4つの条件をクリアできているなら、早速申し込んでみましょう。最短30分で審査結果がわかります。 

プロミスの審査は必要条件を満たせば必ず通ります

まず知っておいていただきたいのは、プロミスの審査は、他の消費者金融と比べても差はなく、決して審査が甘いということはありません。審査通過率は40%程度ということです。と、聞くと結構審査が厳しいのかなと思う方もいらっしゃると思いますが、そうではないのです。 上記に述べた4つの条件をクリアしていれば、審査に通る可能性が高くなります。 まず気を付けていただきたいのが、限度額です。限度額が50万円未満であることが重要です。限度額50万円を超えると必ず収入証明書が必要ななるからです。でも、10万円、20万円といった、比較的少額の借入であっても、収入証明書は添付することをお薦めします。なぜなら身の丈に合った限度額を設定してもらえるからです。 次に気を付けたいのが、過去の返済履歴です。金融機関やクレジットカード会社、他の消費者金融等で、返済が滞った経験があったり、自己破産になった履歴がなければ問題ありません。過去にきちんと返済していた方で、他社も合算した返済額が、年収の1/3以下なら、ほかの金融機関等での借り入れがあっても、審査上問題になる可能性は低いのです。 

プロミスの審査に通るためにあなたがやること!

あなたがプロミスの審査を受けるために準備する書類は以下の2点です。 1.身分証明書を用意する。運転免許証かパスポート顔写真付きの身分証明書が必要です。外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」も合わせて必要になります。 2.収入証明書借りたい金額が50万円以上の方、また他のキャッシング会社と合わせて借り入れが100万円以上になる方は、源泉徴収票・確定申告書・給与明細書のうちのどれか一つを用意してください。源泉徴収票と確定申告書は最新のもの、給与明細書は直近2か月のものが必要です。個人事業主の方は確定申告書が必要になります。 先にも述べましたが、50万円以下の借入であっても、後々の借り入れとその返済で苦労したくないのであれば、収入証明書を用意したほうが良いです。きちんとした返済計画が立てられ、日常生活に支障をきたすことなく無理なく返済できるからです。 

1.安定した収入があること

各条件についてもう少し詳しく説明しましょう。 収入についてですが、これはプロミスに限ったことではなく、どこの消費者金融や、銀行等でも同様です。毎月確実に収入があり、返済が滞る心配がないかをチェックされます。 サラリーマンの方であれば、毎月一定金額以上の収入が見込めますので、問題となる可能性は低いです。 個人事業主(自営業等)の方も、毎年行っている確定申告で収入が証明できるので問題はないといえるでしょう。 パートやアルバイトの方も、毎月安定した収入を得ていれば、給与明細書等を提示できるので、問題ありません。給与明細をもらわないアルバイトをしている方の場合はじょうけんをクリアすることが困難です。 自由業や、無職の方は収入を証明することができませんので、残念ながら条件をクリアできません。 

2.過去の返済履歴がキレイ

次に過去の返済履歴に関してです。クレジットカードや、他の消費者金融での返済事故がなく、きちんと毎月返済していたか、履歴をチェックされます。 過去に返済事故を起こしていない方は、まず問題ないでしょう。 万が一、過去に返済遅延・債務整理などがあった方は、一定期間ブラックリストに名前が載ってしまっているので、審査を通らない可能性が高いです。自分がブラックリストに載っていないか不安のある方は、指定信用情報機関CICのホームページで確認することをお薦めします。手数料1000円で即日確認することができますので、ぜひ審査申し込み前に確認してください。 ブラックリストに載っていなければ、2つ目の条件はクリアです。 

3.限度額を低めに抑える

最後に限度額です。 総量規制という法律があり、返済額が年収の1/3を超えてはならないことがルールになっています。プロミスでもこの法律に則って営業していますので、このルールを守る必要があります。 限度額が総量規制内であっても、ぎりぎりの場合は審査に通らないことが多いようですので、限度額は、収入に見合った金額で、かつ、できる限り低く設定することが審査をパスするためのコツです。 プロミスは他の消費者金融に比べれば利率が低めに抑えられていますので、審査にさえ通れば、無理なく返済できるはずです。  

プロミスなら最大30日間無利息でキャッシングできます!

プロミスの審査を通るための条件を4つご紹介しました。もう一度整理してみましょう。 1.年齢制限:20歳以上70歳未満2.安定した収入があること3.ブラックリストに乗るような過去の返済事故がないこと4.借入限度額が、年収の1/3以下となっていること この4点をクリアしていれば、審査をパスする可能性が高くなります。早速審査を受けて、融資をしてもらいましょう。 その際に初めて利用される方のための特典があります。プロミスの最大の特徴の一つである、「30日間無利息」というシステムがあることです。このシステムは、初めてプロミスを利用した方なら誰にでも利用できるものです。借り入れした日から30日以内に全額返済すれば、利息なし。借入れた金額のみで返済が完了します。 また、継続利用される方にも無利息の特典があります。プロミスではメールアドレスの登録や返済などでポイントを貯めることができます。そのポイントを利用して無利息期間と交換することができます。 プロミスでは、誰もが無理なく返済でき、債務超過にならないように、色々と工夫してくれています。案してご利用いただけます。詳細はプロミスのHPをチェックしてみてください。 >>プロミスのHPはこちらをクリック!<<

銀行カードローンと消費者金融の違い!
銀行カードローンと消費者金融の間には、実はあまり大きな違いはありません。あるのは法律の違いだけなので、どちらもキャッシング機能という意味では変わりがないと言えます。
 
総量規制対象外のカードローン審査に通るためには?
銀行カードローンは総量規制対象外でキャッシングすることができます。ですが、銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあるので、事前に審査対策をしっかりしておくことをおすすめします。